メールアドレス    パスワード       パスワードを忘れた場合

相互リンクシステムの概要

構造説明

相互リンクシステムは登録しているユーザー同士が1クリックで相互リンク申請を行い、申請された方は承認する事により、自動でお互いのサイトの相互リンクプログラムへサイトを紹介し合うシステムです。

相互リンクが承認されれば、あなた様のサイト内に設置した相互リンクプログラムが相互リンク先(サイトA,B,C,D)へ紹介文と共に宣伝リンクを貼ります。

そして、紹介したサイト(サイトA,B,C,D)内に設置してあるプログラムより、あなた様のサイトへ紹介文込みで被リンクが貼られます。
※リンク先分散機能により、自サイトのトップページ意外にもリンクを貰うことも可能です。

あなた様が相互リンクを行うかどうかの最終判断は手動で決定されますし、相互リンク成立後もいつでも取り消しを行うことができます。
もし相手のサイトがリンクを拒否(または承認取り消し)した場合は、こちらのプログラムにも表示されなくなり、自動的に相互リンク解消となります。

最適な相互リンク構造を実現させるための機能を搭載

常に最適な相互リンク構造を構築するために、アダルト版相互リンクFinalでは他の類似システムにはない便利機能を多数搭載しております。

すべてのページが静的URLでディレクトリ名は意味のある文字で表示

静的URL

ユーザー様に配布しているプログラムは、すべてのURLが静的で表示されるようになておりますので、検索エンジンがインデックスしやすくなります。

また、各カテゴリのURLは、下記の通り意味のある文字になっております。

例: http://○○○.com/adultlink/cat_movie/

怪しいサイトは相互リンク拒否できる

登録拒否

アダルト版相互リンクFinalでは「手動で行う相互リンク作業を、プログラムを使い自動で管理する」を目標に、相互リンクしたいサイトとのみ掲載し合うシステムを採用しております。

つまり勝手に相互リンクされるリンクファームではなく、各ユーザーが納得した形で相互リンクをし合う事が出来る形を最大限に意識して作っております。

ゆえに、相互リンクしたくないサイトも出てくると思いますので、そういった場合は、承認受信時または承認後でも相互リンクを解除、拒否することができます。

もちろん解除、拒否された側も相互リンクは外されますので、お互いに不利益になるような事は一切ありません。

自サイトへのリンク先やアンカーテキストをカテゴリ毎に分散できます

アンカー、リンク先分散

自サイトへのリンク先は自分のサイト内のURLでしたらどのページでも指定することが出来ます。

また、同様にアンカーテキストやサイト説明も分散することが可能です。

登録先のカテゴリ毎にリンク先やアンカーテキスト指定できますので、サイト内の様々なページを紹介することが可能です。

プログラムの不正利用サイトを管理

不正排除

ユーザーが増えるにつれて、残念ながらプログラムを削除したり、トップページから相互リンクプログラムへのリンクを外す等の行為をする方も現れます。

そこで、当システムではプログラムによる自動確認、管理人の目視による不正利用確認と、ユーザーさまからの報告による3パターンの監視を行っております。

これにより、できる限りの不正利用者を排除することで、登録者が不利益にならないように努めております。